鉄骨造のメリットとデメリット

アパート建築費の詳細お伝えします!

鉄骨造のメリットはRC造よりも建築費が安く、軽量で強度があり安心なこと。デメリットはややRC造より機能面では劣ることがあります。

アパート建築費の詳細お伝えします!のメイン画像

鉄骨造のメリットとデメリット

建物の構造には木造と鉄骨造、鉄筋コンクリート造(RC造)があるのですが、ここでは鉄骨造のメリットとデメリットについてまとめています。

アパート建設を決めたけれど、建築費を抑えるためにどの構造にすれば良いか迷っているなら、参考にして決めてください。

【鉄骨造のメリットは】

鉄骨造は、低層のアパートで一番多く使われている構造です。

柱と梁に鉄骨を使ったもので、有名メーカーのアパートは鉄骨造で建てられています。

現場でパーツを組み立てるのではなく、工場である程度作り、それを現場で組み立てるので工期が短くて済みます。

工期が短くなるということは、それだけ建築費用も安くなりますのでお得感があります。

また、鉄筋コンクリート造よりも軽いのでごく普通の基礎でも十分に耐えられます。

そのためコストも抑えられます。

【鉄骨造のデメリットは】

鉄骨造はRC造よりも断熱性、耐久性、防音性、耐水性はやや劣ります。

また、ある程度規格が決められているので設計を自由にすることができません。

設計の自由度は、木造やRC造の方があると言えるでしょう。

【鉄骨造は低層階がおすすめ】

丈夫で軽い鉄骨造は、多くの低層階アパートで採用されています。

建築費もRC造に比べて安く済みますし、アパート経営者にはおすすめの構造です。

実際に鉄骨造で建てられたものを見に行っても良いですね。

鉄骨造のアパートはたくさんあるようですから、あまり心配することなく経営はできるのではないかと考えられます。

Google
www を検索 アパート建築費の詳細お伝えします!を検索
(C) freedomtolovenow.com. All Rights Reserved.