キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 RC造のメリットとデメリット : アパート建築費の詳細お伝えします!

RC造のメリットとデメリット

アパート建築費の詳細お伝えします!

RC造のメリットとデメリットについてまとめています。低層階のアパートなら、建築費が安くなる構造のものでも大丈夫です。

アパート建築費の詳細お伝えします!のメイン画像

RC造のメリットとデメリット

アパート建築を検討する時は、建物の構造をどうするかを決めます。

木造か鉄骨造、鉄筋コンクリート造(RC造)のいずれかにするのですが、ここではRC造のメリット、デメリットについてまとめました。

構造をどうしようか迷っているなら、参考にしてください。

【RC造のメリットは】

RC造は、鉄筋を縦横に組み立て、それを型枠で囲み、そこへコンクリートを流し込むので、基礎から屋上まで一体化されるものです。

メリットは耐火性、断熱性、遮音性、耐久性があることです。

3階建て以上の中層、高層、マンションによく使われる構造です。

耐用年数は、約47年と言われており、とても長持ちするものです。

【RC造のデメリットは】

RC造のデメリットは、木造や鉄骨造と比べると、建築費が高くなることです。

高すぎるからと、アパート建築を諦めてしまった人もいるようです。

また、建物の重量が重くなるため、土地の地盤が強固でないともちません。

土地によっては、地盤を強くする工事をしなければならず、かえって費用がかかってしまう恐れがあります。

【低層階なら不要かも】

3階以上のマンションを建築するというわけではなく、2階建てくらいのアパート建築を考えているなら、無理にRC造にする必要はないでしょう。

自分が建築したいアパートがどんなものかによって変わりますが、だいたい2階建てのものであればRC造以外でも十分です。

専門家の意見を聞きながら、建築費をできるだけ抑えられるよう検討していきましょう。

Google
www を検索 アパート建築費の詳細お伝えします!を検索
(C) freedomtolovenow.com. All Rights Reserved.