土地の購入を不動産鑑定士に仲裁してもらえますか?

区画整理や再開発が盛んな宮城県では、土地の売買に絡むトラブルも多くあります。

不動産査定への依頼や仲裁についてお話ししてみましょう。

■高く売りたい・安く買いたいという欲の仲裁人。

隣接地の購入をめぐって、売りたい人(地主)と買いたい人のあいだで価格の折り合いがつかないことはよくあります。

売り手は少しでも高く売りたいし、買う側は少しでも安く買いたい、あるいは適正な土地の価格について知識をもっていなかったりする場合です。

こうしたケースでは、地元宮城県の不動産査定に依頼して、適正な価格での売買を指導してもらえます。

■不動産査定への依頼・適正価格の鑑定とは。

適正価格は公示価格、路線価、実勢価格を参考に不動産査定が実際に査定し決定します。

どの不動産査定が査定しても結果に大差はありません。

場合によっては双方に不動産査定を立てて土地の価格をはじき出すこともあります。

相手方の不動産査定の言うことは信用できないというような、不信感がつのっている場合です。

個々に実費を払い、鑑定士どうしで交渉することになります。

■宮城県内は区画整理や再開発が盛んです。

その分、土地の売買をめぐるトラブルも急増しています。

地元の不動産査定であれば、土地の事情にも詳しいはずですから、適正な価格をはじき出してくれるはずです。

事前に売り主側のオーナー宅にも挨拶に行ってもらい、素性を明らかにしておけば、それ以上こじれることはないでしょう。